FC2ブログ
こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専有部サービスを利用してみました(その3:技術員のレベルと有償工事の妥当性)
トイレの水漏れを発見して管理会社コールセンターに電話してから約12時間後。

専有部サービスの技術派遣員がマンションに到着しました。

管理会社から見ると孫請けの会社。

当初管理会社は「便器の脱着」等の手間のかかる作業は、孫請けの派遣技術員では難しいような説明をしていましたが、一通りの応急処置は対応できるようです。

トイレ周りをつぶさに確認し、原因はウォッシュレットであることが判明

使用後10年以上経過するとこのような症状が起きる可能性があると説明をして頂きました。

ウォッシュレットの内部修理が必要なため、メーカーではないと対応ができないのこと。

メーカーメンテナンスは技術料が高く、簡単な部品交換でも工賃が割高で結果修理が高くつくと判断し、技術派遣員がもうひとつの提案である機器交換を選択することに。

孫請けの会社では直接見積もりが出せないとのことなので、管理会社から連絡をもらうことになりました。

翌日管理会社ではなく、サービス取次会社から電話がかかってきて、取次ぎ会社が元請で交換を承ると説明を受けました。

あらかじめウォッシュレットの交換は相場でいくらかはインターネット等でリサーチをかけました。

提示された金額は、相場と比較しても決して高い金額ではなかったため、即答で発注しました。

一連の流れをまとめた感想

電話の応対 ○
緊急出動としての対応・時間 ×
技術員のレベル ○
有償工事の金額の妥当性 ○

になります。

今回は一度試してみたく、専有部サービスを利用してみましたが、漏水等の緊急時は技術員の派遣まで時間が長くなるようならば、有償であってもすぐに駆け付けてくれる業者を頼むべきでしょう。

他のサービスを利用したわけではありませんが、緊急時の迅速性を除きサービスの品質は概ね満足いくレベルで、未導入のマンションは採用を検討する価値があると思います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

専有部分サービス利用してみました(その2:技術員の派遣時間)
トイレで漏水!夜中の3時に管理会社が提供している専有部分サービスを利用してみました。

その2です。

管理会社対応受付に電話して、しばらくすると折り返し専有部分サービスの取次ぎを行っている下請けの会社から電話がありました。

私→管理会社→取次ぎ会社→私

折り返しの所要は10分程度。

十分満足のいく時間です。

その後、技術員を派遣するのは再委託先(管理会社から見ると孫請け)とのことで、マンションへ到着する時間を確認し、折り返し電話ももらえることに

私→取次会社→孫請け(技術員派遣会社)→取次ぎ会社→私

折り返しの所要は10分程度。

これも満足のいく時間です。

取次ぎ会社は「夜間の派遣は無理なので、8時に日中対応に切り替わるために、日中対応になります」とのこと

ん・・・ぜんぜん緊急じゃないじゃん。

漏っている量は大量ではありませんので、バスタオルもいくつも重ね、8時まで取り替えながら待っていることに

8時ちょうどごろに取次会社から電話がありました。

取次会社は「午前中の派遣は無理なので、15-16時になります」とのこと

緊急出動サービスとして考えると使えるレベルではありません。

トイレの水漏れが下に漏水する場合があります。時間が経てば複数回にわたって被害を及ぼす場合があります。

時間を要するならば、せめて水道の元栓を締めて、使用は控えてもらうよう協力依頼が必要ですが、こうした助言がありません。

管理会社に一報を入れた時点で、専有部分サービスの取次会社に投げる前に、専有部分サービスの派遣所要時間を理解したうえで、適切な対応・提案することが必要です。

水漏れは緊急事態を起こす原因なのです。

管理会社も取次ぎ会社も専有部分サービスを利用してもらえば良いという感じで、きわめて事務的な対応でした。

ここまでの感想

電話の応対 ○
緊急出動としての対応 ×

以上になります。

次回は、このシリーズ最終回。

派遣員の技術レベルと、オプション工事の金額の評価の記事をUpします。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

専有部サービスを利用してみました「その1:電話対応」
専有部サービスをご存知ですか?

従来のサービスは、コールセンターから有償で水のトラブルや業者の手配をしたり、リフォームや給湯器交換の業者斡旋をするものでした。通常の窓口は管理会社営業時間、緊急時はコールセンターで受付を行っています。

最近の専有部サービスは、居住者の居室内での困りごとやトラブルにまで24時間専用窓口で対応し、緊急時には専門スタッフが駆けつけます。緊急対応時の基本料(30分程度の作業)はサービスフィーに含まれており、簡単な作業については居住者が負担することはありません(回数の限界や対応する範囲はあるようです)。

私のマンションは後者の手厚い専有部サービスの利用ができます。

果たしてこのサービスは有益か否か。たまたま利用する機会がありましたので、記事をUPします。

体験記と感想を記事に書きます。

昨晩、家に帰るとトイレのマットが濡れていました。

おかしいなと思い、様子を見ていると、便器と床の隙間から極少量ではありますが、水がじわっとしみだしてきました。

時間は深夜。

水漏れをしたらどうしよう。住んでいる場所ではすぐに緊急対応できる業者は知りません。

そうだ、専有部サービスがあったではないか!と思い出し、早速管理会社のフリーダイヤルの緊急窓口に電話。

品質向上のため録音させて頂きますとの音声が流れた後、30秒くらいにオペレーターにつながりました。

事情を説明し、専有部サービスの専門窓口から折り返しの電話を頂きました。

ここまでの対応は、管理会社大手ということもあり、パーフェクト。大変丁寧でわかりやすい対応をして頂きました。

感想です。

私はこの業界に長くいますが、実際にトラブルに直面すると「不安」を強く感じました。

他の居住者はトラブルが起きた際、初めてのことでどうしていいかわからず、軽いパニックに陥ると思います。

専有部サービスに電話する際は、このように丁寧な対応があると「ほっと」安心するのではないかと感じました。

私が電話したのが午前3時。この時間帯でもしっかりとした対応員が複数いることは有難いことです。

次回の記事は、体験記その2。緊急出動までの手配と所要時間です。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村







テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。