FC2ブログ
こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎月の出納、会計業務の報告
管理会社変更・見直しの極意』サイトにお越し頂き有難うございます!

今回のテーマは、管理会社見直し時の契約内容チェックポイントです。

管理委託契約書別表第1 基幹事務より、

管理会社は、

1、会計の収支状況に関する報告

2、組合員の管理費等の収納状況

3、組合員の管理費等の滞納状況

を毎月管理組合に報告することが決められています。

今時報告していない管理会社はないのでしょうが、

どこまでの範囲を報告書面に記載されているかがポイントになります。

収支状況であれば、貸借対照表、収支計算書は当然のこととし、月次収支報告書、総勘定元帳、通帳の写し等が添付されているか?

収納状況であれば、入金一覧が提出されるのか?

滞納状況であれば、滞納者一覧だけが報告されるのか?督促状況まで含まれるのか?

管理会社によってまちまちですが、執行部たる理事会に対する報告なら、なるべく詳細を書面に記載した報告分を提出することが望まれます。

もうひとつポイントですが、理事だけが回覧、報告を受けて終わりではなく、最終チェックは監事にお願いし、毎月の単位で監査印をもらうことも大切です。

一年に一回まとめて監査を行うなんて、無理がありすぎます。

定期的に運営状況を監査することにより、『不正』『ミス』を抑制できる効果があります。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

大規模修繕(プレゼン資料が契約書に反映されにくい業務2)
管理会社変更時のプレゼンテーション資料の内容が、必ずしも委託契約書に反映されない業務に「修繕業務」があります。

各社のプレゼンテーション資料には必ず修繕の係わり方を記載しています。しかもかなりのボリュームで!

しかしながら、修繕業務は別表基幹業務でちょこっとだけしか明記されません。

契約書に記載される事項は、

長期修繕計画を必要な時期に提案する(有償か無償か)

大規模修繕にかかわる業務は委託業務には含まれない

この二点のみが多いのです。

管理組合として最低限押さえておきたいのは

1.修繕の提案はだれがおこなうのか?フロントマン、それとも専門部署?専門部署であればどのような資格をもった人間か?

2.長期修繕計画は標準様式に基づくものか否か。また有償の場合にはいくらかかるのか?(有償の場合の金額は委託契約書に記載させた方が良い)

3.管理会社の大規模修繕工事の係わり方(設計・監理分離方式、一括発注方式、CM方式等)

以上の事項です。

管理会社に修繕業務をお願いしない前提のマンションは必要ないかもしれませんが、管理会社に修繕業務を係わってもらいたいマンションにとっては重要なポイントです。



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。