FC2ブログ
こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

新旧管理会社の契約内容の比較
管理会社を変更するときに新しい管理会社と委託契約を締結することになる。

プロである私が比較するときは新旧の委託契約書そして国交省標準を並べて、相違点がないかを分析すると共に、決定までのプロセスで新管理会社から提示があった提案書等資料との相違がないか確認する。

細かく確認すると、いろんな指摘点がでてくる。

一度契約書を締結すると、書面ベースで効力が発生する。

数百万の契約を結びながら、薄っぺらな委託契約書を取り交わすわけだが、

その内容さえ、曖昧では困る。

後から言った言わない等のトラブルにならぬようしっかり目通しをしておきたい。

管理会社は口を揃えて国交省の標準に準拠しているので問題ないと言うが、国交省の標準はどのマンションでも当てはまるような大枠の内容しか書いていない、また、準拠していっても管理会社はアレンジを結構九羽ているものだ。

コンサルタントを立てないで比較をする場合・・・

管理会社に前の委託契約書を渡し、比較表を作成するようお願いしてみてもいいだろう。

ただ・・・比較表が正確かどうかは確認する必要があるし、提案書との相違点はマンション側でチェックしなければならない。

管理会社を変更したマンションは、何らかの管理会社不信を抱いているはずだ。

これ以上管理会社の不信感が強くならぬよう・・・

新しい管理会社に期待するのはいいが、信用するのは信頼関係を築いてからにしたほうがよいだろう。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

管理会社が行う定期清掃
管理員さんや清掃員さんが行う日常清掃以外に毎月または年数回、業者が入って定期清掃を行う。

床材は歩行者が滑らないように表面に凹凸がある。

この凹凸に汚れがつくと、モップ拭きではきれいにならないので、ポリッシャーや高圧洗浄機等の機会を用い美化を保つ。

作業範囲は基本、共用廊下・階段の床、定期清掃の目的は、建物をきれいにすることである。

管理組合がここをやってもらいたいと言う箇所があれば、管理会社と清掃範囲の調整を行なうことが必要だ。

定期清掃後管理会社の物件担当者が完了確認をすることはほとんどないと言っていいだろう。

そもそも建物がどのくらい汚れているか、清掃後どれくらい綺麗になるか、管理会社サイドよくわかっていない。

例えばこうしてはどうだろう?

管理会社物件担当者と理事会が定期清掃後完了立会いを行い、清掃業者を含めて意見交換を行う。

清掃業者が気を利かせて、委託費が上がらずとも、管理組合が要望する範囲の清掃をプラスアルファで実施してもらえるかもしれない。

清掃範囲や仕様を調整する際についてどのようなポイントがあるかというと・・・

1.回数は妥当か?

2.高所ガラス清掃や照明器具の清掃を含めるか否か?

3.フィックス(開放できないガラス)窓の清掃を含めるか否か?

4.廊下や階段の腰壁内側の雨だれを清掃するのか?

5.外回りのタイルやインターロッキング部のコケや藻を落とすのか?

管理会社から複数のプランを提案してもらい、管理組合にとって費用対効果が大きいと思う良い選択肢を選ぶことが必要だ。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村


テーマ:住まい - ジャンル:ライフ