こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦情を言う顧客はクレーマーに分類される
クレーマは和製英語で、いろいろな意味合いで使われる。

この日記でのクレーマーは『ゴリ押しをする(管理会社にとって)不当な要求をする組合員』と定義する。

正当な要求を管理会社に主張する場合に、その主張をなんども繰り返すとクレーマーの括りに入れられ、管理会社にとって面倒な顧客と認識されブラックリストに載ることになる。

なぜこのようなことが起きるかというと・・・

仕事ができないフロントマンにとって、苦情を言う顧客を『クレーマーという面倒な存在』にすれば、会社内で本人の責任が回避できるからである。言わば保身である。フロントマンの上席も、さらにその上の上級管理職に報告する際には、クレーマーがいるからという説明は、都合の良い常套句なのだ。

確かに、なかには本当のクレーマーもいると思う。

しかし、多くのケースは正当な要求をし、それが常識的な期限内に改善されないから憤りを込めて管理会社に叱咤する。その叱咤する組合員を管理会社はクレーマーと位置づけのである。

相手がクレーマーならと、管理会社は指摘される事項の是正に真摯に取り込まず、クレーマーをなだめ透かす対応をする。

こんな体質が色濃く残っているのだから、管理会社の対応はなかなか良くならないのである。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://11kanri.blog12.fc2.com/tb.php/106-2229f56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。