こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理会社の財産の着服
国土交通省のホームページで「マンション管理業者のネガティブ情報」と「マンション管理業者に対する監督処分等情報」が確認できる。

マンション管理業の業法にあたるマンション管理の適正化の推進に関する法律が改訂され、財産の管理方法が厳しくなったが、相変わらず管理組合財産の着服がなくならない

ここ半年で指示処分を受けたマンション管理業者は四社。そのうち三社は中堅以上の管理会社である。

平成24年2月28日 株式会社あなぶきセザールサポート

平成23年12月13日 三興管理株式会社


平成23年12月13日 株式会社エム・シー・サービス

平成23年11月17日 丸紅コミュニティ株式会社

着服した方法はいろいろあると思うが、指示処分を受けた管理会社は信頼を裏切る行為をしたことで、収納法式を旧原則方式に成約するくらいに厳しい対処が必要であると考える。

今はイロハ方式に分けられたが、旧分類では原則方式を取る管理会社より原則方式以外を選択する管理業者が多いという矛盾があった。

そもそも国交省はマンション管理業者に甘い。

財産への不祥事があった場合は営業停止等の処分を即断するくらい厳しい対応をしなければ、管理会社は真剣に内部チェックをしようとしない。

不祥事があっても注意されるだけですむのだから・・・

結局犠牲になるのは弱者である管理組合である。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://11kanri.blog12.fc2.com/tb.php/125-2904126b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。