FC2ブログ
こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

独立系管理会社は大規模修繕が高いのか?
独立系管理会社は委託費が安い分、大規模修繕が高いという話は事実でしょうか?

管理会社が元請施工会社として大規模修繕を提案する時の管理会社の儲けは、15―30%程度です。

独立系管理会社が特別高いわけではなく、他の管理会社同様、元請施工会社となる平均的な利益を乗せて提案しているだけだと思います。管理委託費が安いので、大規模修繕の金額も安いものと錯覚してしまうのでしょう。

管理会社元請方式は、管理組合の手間がかからない分、金額的には高くついてしまいます。

前述の通り独立系管理会社の大規模修繕の提案は安いわけではありませんので、適正価格で質の高い工事を実現したいのであれば第三者のコンサルタントを入れた、設計・施工監理方式を採用することをお薦めします。
スポンサーサイト




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

独立系管理会社は大規模修繕のみならず、日常での不要不急な修繕の提案が多いという声も聞きます。見る見る内に修繕積立金を使い果たしてしまったという話もあり、金額の多寡のみならず提案頻度なども懸念されないでしょうか?

また、そうした修繕の仕事が取れない組合と分かると、管理委託費の値上げを提案してくるとの話も聞きます。合理的な運営方法で委託費も安くなければ、総じて組合にとって損になるように思いますが、どうなのでしょうか?
[2010/01/30 03:30] URL | TOMMY #NlvRNj4I [ 編集 ]

Re: タイトルなし
TOMMYさん
コメント有難う御座います。

>日常での不要不急な修繕の提案が多い
→独立系だけに限ったことではなく、修繕売り上げの目標がある管理会社はこのような傾向が強いようです。リプレイスをしたマンションでは、以前の管理会社が修繕部門に弱い、報告連絡相談が欠如している等の問題を抱えていた場合には、新旧の管理会社との対比で、新管理会社が一般的なレベルで修繕工事を提案した時にも、やけに修繕が多いのでは?と感じることがあります。

>提案頻度
→管理会社によって、長期修繕計画作成周期の考え方が異なります。某独立系管理会社では、鉄部塗装5年周期、外壁・屋上改修が10年周期で提案します。多くの管理会社で用いる長期修繕計画の周期は、鉄部塗装4年毎、外壁・屋上改修が12年です。前者の場合、後者に比べ
鉄部塗装の実施回数がトータル少なくなります。前者の場合、外壁・屋上改修の周期設置の根拠は、屋上防水の保障期間(10年間)に合わせるということのようです。前者、後者共通して言えることは、長期修繕計画の実施時期が来たら、管理会社は実施を強く推奨してきます。劣化診断はただのきっかけづくり・・・元請で工事を進める管理会社は売り上げ至上主義なのです。

>また、そうした修繕の仕事が取れない組合と分かると、管理委託費の値上げを提案
→独立系だけに限ったことではなく、リプレイスした新管理会社全般に、こうした噂は聞きます。「委託費は安くするので、大規模修繕工事は是非わが社へ」の姿勢で、リプレイスを受託する管理会社では、こうしたエゲツのないことも平気でやってくるのでしょう。

上記のコメントだけを見ると独立系管理会社を擁護しているようにも見えますが、そういうつもりで書いているわけではありません。独立系が悪い・・と言う偏った情報が巷に広がっています。火のないところに煙がたたぬで、一部事実はそうなのでしょう。このコメントで伝えたいのは、リプレイスする時には、独立系に限ったことではなく、こうしたリスクが常に付きまとうと言うことです。
[2010/01/30 12:38] URL | ms11kanri #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://11kanri.blog12.fc2.com/tb.php/13-6edbfc2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)