こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断り上手
マンション管理士の仕事をしていると多くの理事会、総会に同席する。

その中で、時々気になることがある。

それは、管理会社は最低限の仕事しかしようとせずに、契約書に定められた業務であっても、なんだかんだ理由をつけて断ろうとする仕事に対して消極的な姿だ。

管理組合が無理難題を突きつければ、管理会社が断ることは理解できる。

しかし、

契約書に定められた事項や契約の延長線上にあるちょっとした気遣い的な業務は、管理会社にとってやりやすいルーチン業務以外、フロントマンはなるべくやらないほうやらないほうにもっていこうとする。

管理会社は、さらっと、ふつう管理会社はこうした業務はやらないですと付け加えて断わる。ふつう管理会社はの意味するところは、その管理会社のやりかたであって、管理業界全体が同じような考え方をして仕事しているわけではない

輪番制で知識、経験が不足している管理組合の役員は、管理会社に断られたことに対しておかしいなと思っても、この「ふつう管理会社は」の言葉を信じてしまい、結果管理会社に手を抜かせることになる。

断り上手な管理会社のマンションに、マンション管理士が介入し、常識論をかざすと、いっきに管理会社の信頼が失墜することになる。

管理会社のいい加減な説明を信じた管理組合は、「だまされていた」と怒り心頭になるのだ。

管理組合の要望に全て応えることはできないかもしれないが、引き受けないことの許容範囲が広すぎやしないか?と思うことがある。

断り上手なフロントマンは管理会社社内での評価は高くても、管理組合からの評価は低いものだ。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://11kanri.blog12.fc2.com/tb.php/138-91e8a067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。