こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見直しの進め8)新築後10年間は建物じゃなくて売主を守る管理会社
新築後、部位によるが最長10年間の売主のアフター保証が付く。

アフター保証とは保証書に定められた内容について期間内に告知すれば売主が無償で修理してくれるというものだ。

売主や建築会社にとっては、アフターはできるならやりたくない、消極的な気持ちで望む業務である。

管理組合にとっては、建物の資産価値を守るため、不具合は早期にかつ無償で直してもらうことは大きなメリットがある積極的に行なって欲しい業務だ。

アフターの点検は各部屋(専有部分)は区分所有者が確認することになる。

共用部分は誰が確認するかと言うと、管理組合がチェックすることになるが、管理組合の誰がおこなうか?を決めなくてはいけない。

有志が集まらない限り理事会がその役割を務めることになるが、二つの問題点がある。

一つは共用部分をチェックするとは言っても専門的な知識がある程度必要になるということだ。ヒビ割れや汚れ等を発見しても、これは保証対象外ですと売主に言われたときに、補修させるよう交渉しなければならない。建築的な知識を知らずとも交渉上手な方だと上手くいく場合はあるが、海千山千の売主に強く主張されれば、本来は直してもらえる工事も直してもらえない可能性がある。そもそも輪番制の理事会役員の中に建築関係に明るい方や交渉上手な方が必ずいるとは限らない。

二つ目は、専門家に「交渉」や「チェックの目」を依頼したいと思う管理組合は、一番身近な管理会社を頼りにする。しかし、見直しのススメ5)6)にあるように管理会社は売主の方向を向いて仕事をするので、売主と同じでアフターには消極的だ。その結果、管理組合が発しない限り、アフターのために自主点検をすることを管理会社は提案をしない。管理組合は管理会社がいるからとお任せになる。管理会社は売主を守るためにアフターに積極的に係わらない。

その結果、無償で補修を行えたはずの不具合が長年放置されることになる。

次回の記事は『アフター保証が終わるまで機能しない管理会社建物点検』です。お楽しみに!

【PR】

私がボランティアで参加している「マンション管理組合適正化ネットワーク」で、4月29日(昭和の日)13時から横浜関内で管理組合向け勉強会・セミナーを開催します。興味のある方は是非御参加ください!詳しくは下のURLをクリックして下さい

http://ekumiai.web.fc2.com/seminar20130429yokohama.html


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://11kanri.blog12.fc2.com/tb.php/148-d051c8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。