FC2ブログ
こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相見積もりを取ることは常識的なことです
管理会社に対する満足度について、

コスト面

サービス面

二つの基準があります。

果たして他のマンションと比較して、自分の管理会社はどのくらいのレベルなのか?

知りたいということはごくごく自然な発想だと思います。

業者を選択することは総会の決議が必要になりますが、相見積もりを取ることは理事会で行うことは、規約上なんら問題ありません。

もし管理会社の相見積もりが総会決議を取らないと駄目という「理屈」があるのならば、小修繕の相見積もりを取る行為も同様な扱いとなり、他社と競合することなく管理会社が受注できる、管理会社にとっては、とても好都合がビジネスモデルになります。

管理会社相見積もりが総会決議じゃなきゃ駄目と強く言う組合員は、管理会社の回し者と影口をたたかれてもしかたがないでしょう。

管理会社に相談すると「相見積」なんてとんでもない!と相当な抵抗に合います。前述のように総会決議は取ったのですか?と無茶苦茶な理屈をつけて相見積りを阻止しようとします。

管理組合が、マンション会計の支出の有効活用を真剣に考えるのであれば、相見積りを取り、まずは現行のコストが相場に比べてどのようなレベルにあるか?知ることは、むしろ当たり前にやらなければならないことだと思います。

今回の記事から管理会社の相見積もりを取り方について解説します。

注意点は、業者選定をする方法についてをレクチャーするものではないということです。同程度の契約書の内容で、他社がどのくらい委託費を提示するのか比較するための作業方法についての記載になります。

手順としては、

1.相見積もり依頼先の選定

2.相見積もりの仕様書・見積り手順書の作成

3.現地説明

4.質疑応答

5.見積り提出

6.比較検討

になります。

次回の日記で相見積もり先の選定方法を日記に記します。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://11kanri.blog12.fc2.com/tb.php/175-6505bdeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。