こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理費等収納の流れ(管理委託契約書別表第1-1-(2)‐まる1「三」)
管理会社変更・見直しの極意』サイトにお越し頂き有難うございます!

今回のテーマは、管理会社見直し時の契約内容チェックポイントです。

管理委託契約書別表第1
(2) 出納(保証契約を締結して甲の収納口座と甲の保管口座を設ける場合)
① 甲の組合員が甲に納入する管理費、修繕積立金、専用使用料その他の金銭(以下「管理費等」という。)の収納

条文「三」に基づくと・・

1、各戸からの管理費等の収納は管理規約に定める預金口座振替の方法によって行います
→通常管理会社指定のファイナンス会社を利用することになりますので、管理会社変更によって、各戸が口座振替の申し込みをしなくてはなりません。
→ファイナンスが会社に振替手数料を支払いますが、管理会社変更後同じファイナンス会社を利用した場合でも手数料が異なる場合があります。
2、預金口座振替を行う日は委託する管理会社で異なります。
→管理規約に管理費等収納期日が明記されていますので、管理会社変更により管理規約変更を行わなくてはならない時があります。

3、『イ方式』を用いる場合には、一月以内に管理費余剰金+修繕積立金を収納口座から保管口座へ移し替えします。
イ方式とは
→収納口座とは管理費等の入金および管理費会計の支出を行うための口座です。管理費余剰金および修繕積立金は1月以内に保管口座へ移し替えする法的義務があります。
→保管口座とは修繕積立金と管理費余剰金を保管するための専用口座で、管理会社が通帳と印鑑を同時保管することが禁止されています。

管理費等の収納方法は管理会社によって違います。

管理会社を変更した場合には、重要事項説明会の場において、新管理会社に詳細を説明してもらいましょう

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://11kanri.blog12.fc2.com/tb.php/61-364af167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。