こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理会社の選び方の基本的ポイント(最終選定方法と見つけ方)
管理会社変更・見直しの極意』サイトにお越し頂き有難うございます!

今回のテーマは、管理会社変更見直しの流れです。

総会で見直しの合意が得られたのち、理事会または見直し専門委員会で、見積候補会社を決めます。

管理会社を選ぶうえで基本的なポイントをご説明します。

(1)管理会社の最終選定方法
大きく二つの方式があります。

競争入札方式
共通仕様書をもとに複数の会社が入札し、原則として最低見積を提示した管理会社と契約します。

合い見積方式
複数の管理業者から見積を取り寄せ、金額、会社の規模、実績、企業姿勢等を総合的に検討し、一番良い管理業者を選びます。

金額だけでは「安かろう悪かろう」のリスクが伴いますので、諸条件を加味し業者を選定する、合い見積方式を採用することをお勧めします。

(2)管理会社を探す方法

区分所有者の推薦※
第三者からの紹介※
専門誌・インターネット・掲示板を利用した公募
・高層住宅管理業協会正会員からのリストアップ
※特別な便宜を計らわないよう注意をする必要があります

見積を依頼する管理会社が多すぎると選定に時間と手間がかかります。
国土交通省の登録を受けた「プロの管理会社」と言えども、業務処理能力、得意分野、実績等の実力差はピンキリです。
会社の売上高、実績、地域等の条件を付け、見積依頼する管理業者の数は最低でも5社、多くても10社くらいにすることをお勧めします。

次回の日記では管理会社の種類について解説致します。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

必ず良くなるサポートプラン
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
[2010/08/13 22:59] URL | 生命保険の選び方 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://11kanri.blog12.fc2.com/tb.php/62-1def964b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。