こんな管理会社はいらない 変更・見直しの極意
管理会社に不満はありませんか?管理委託費のこと、サービスのこと。安くて良い管理会社と付き合える方法、管理会社変更・見積の際気をつけなければならないこと、極意を授けます。
プロフィール

ms11kanri

Author:ms11kanri
こんにちは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川・横浜)で活躍するマンション管理士です。管理会社変更・見直しをお考えの方、お気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頻繁に変わる、業務が引き継がれないフロントマン
【つかえないフロントマンの原因第一段】

フロントマンは短期間で交替することが多い。

それは・・・

クレーム産業でストレスがたまるわりに雇用条件、雇用環境が悪い管理会社は離職率が高い。

離職率が低い、割合雇用環境がよい管理会社は、短いスパンで担当者を交代させる。

こんな事情があるからだ。

有能な担当者に当たればいいが、そうでないフロントマンにあたった場合管理組合が受けるサービスの品質が極天に低下する。

無免許(管理業務主任者資格を持っていない)やフロントマン経験1年未満の社員でも入社後すぐに正担当にする据える管理会社も少なくない。

・・やる気があっても、一定以上の知識・経験がなければクオリティーの高い仕事はできない。

未熟な人間にどんな立派な引継ぎをしても理解できるとは思えない。(そもそも新旧の担当者できちんとした引継ぎをされているのかも疑問。)

管理会社は、どんなに小規模でもウン億円、規模によっては100億円以上の高額な財産価値の建物管理をサポートをする重要な役割を担っている。

素人に毛がはいたような担当者がごろごろいる。大した知識もないのに知ったか振りをする、そんなフロントマンはいらない。

次回の日記では、フロントマン交替時のリスク回避方法について解説する。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://11kanri.blog12.fc2.com/tb.php/90-0aac2e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。